田口 舞
Mai Taguchi

平成27年入組
BLACKBULLSでHAPPY

私は以前、広島メイプルレッズというハンドボールチームに所属しながら、クレジット関係の仕事をしていました。ある時、以前からお世話になり尊敬する監督に誘われ、飛騨高山ブラックブルズ岐阜に移籍することになりました。しばらくしてひだしんがブラックブルズのメインスポンサーとなり、その選手雇用計画として私がひだしんに入組することになりました。縁もゆかりもない広島から来て、金融機関での勤務経験もない上、ハンドボールをしながら働く私を、ひだしんの人たちはとても温かく迎え入れてくれました。直属の上司となる水口部長は、よく私のために手づくり弁当を持って来て下さいました。どれも大変おいしいですが、一番のお気に入りはフレンチトーストです!
飛騨の人は人柄があったかく、初めて来た町なのに居心地がとてもよかったです。それでも冬の寒さと雪にはやはり慣れません。昨年は、まったく降らなかったということですが、私には11月から雪を見ることは十分な驚きです。
今はブランド戦略部に所属し、ひだしんの魅力を伝え、宣伝する仕事をしています。主な仕事はポスターやチラシの作成です。仕事で身につけた技術が、ブラックブルズの宣伝をする上でも役立っています。また、ブラックブルズを強くして、知名度を上げることでメインスポンサーであるひだしんの宣伝にもつながります。仕事・ハンドを頑張ることが相乗効果を生むので、半端なくやりがいがあります。
チームのメンバーも本当に仲が良く最高のチームです。高山へ来て初めて会ったメンバーですが、昔からずっと一緒にいるような、今では家族のような存在になっています。ブラックブルズに移籍して、ひだしんで大好きなハンドを続けながら働けて本当にHAPPYです。

クラウドファンティング『FAAVO飛騨・高山』に挑戦して得たもの

ブラックブルズは2016年7月15日~9月5日まで、ひだしんが運営するクラウドファンティングプラットフォーム『FAAVO飛騨・高山』に挑戦し、延べ160名もの方々から支援をいただき、目標額50万円をはるかに超える116万円を集めることができました。集まった資金は、これまで満足に買えなかったチームの備品や選手のコンディションを整えるためのケア用品などに使わせていただいています。
このFAAVOを通して、金銭的なことだけでなく、地域の方やファンの方々がこんなに応援してくださっていたことを実感できたことが非常に嬉しかったです。支援してくださった皆様に勝利という形で恩返しできるよう、今まで以上に気合を入れて頑張らなければと、選手みんな気を引き締めなおすいいきっかけともなりました。
起案者の一人としてFAAVOを実際に利用する立場になったことで、FAAVOを運営することの素晴らしさ、その意義が分かりました。やりたいことがあるけど資金がなくてあきらめている人、自分の始めようとしていることが、皆に受け入れられるか不安でなかなか前に進めない人、そんな悩みを抱えた人達の背中を押してあげられるひだしんを誇りに思います。

試合中の真剣(マジ)な私

大切なブルズの仲間達

就活生へのメッセージ
Message for Students

ハンドボールは、野球やサッカーとは違い、日本でプロとしてやっている方はほとんどいないので、今は仕事をしながら続けることが条件になってきます。 私の場合は、チームのメインスポンサーであるひだしんで、働きながら大好きなハンドボールを続けることができて、とても嬉しく大変ありがたいことだと感じています。 ハンドボールを頑張ることが、地域を盛り上げ元気にしていくことにもつながるということ、さらにFAAVO等を通じてたくさんの人に応援していただいていることに気付けたのは、自分がハンドボールを続ける原動力ともなりました。 好きなことを頑張ることが周りや地域の人々をHAPPYにできるということは、本当にこの上ないHAPPYです 私のように、素敵な環境にいられるのはめったにないことかもしれませんが、ひだしんは私の可能性にチャンスを与えてくださり、私もそれに応えたいと仕事にもハンドにも全力で取り組めるそんな職場です。就活生の皆さん、まだまだ先は長いです。自分のやりたいことをあきらめずに続けていって下さい。