中筬 一祐・智子
Kazusuke & Tomoko Nakaosa

平成15年(一祐)12年(智子)入組
夫婦でHAPPY

ひだしんでは社内恋愛が多く、結婚しても仕事を続けられるので、夫婦がとても多いです。なので別に夫婦で働く事に違和感はありません。むしろ勤務地は異なりますが、基本的には同じ仕事なので、悩んだときや困ったときは相談しあえるし、より一層夫婦の絆も深まります(笑)ちなみに、一時期、金融機関には珍しく、同じ支店に配属され、仲良く仕事をしている夫婦もありました。その後、旦那さんが別の支店に異動になると、お客様から『夫婦喧嘩でもしたの?』と心配されたというエピソードもあるくらいです(笑)
2人の子供にも恵まれ、妻が2度の育児休暇をとり、現在は短時間勤務をして育児と仕事の両立を図っています。月1回程度、本店サロン棟での休日勤務があるので、その時は夫が子供の面倒をみて、夫婦2人3脚で頑張っています。
さらにひだしんは、休暇制度も充実していて、つい最近もシンガポールへ5日間、家族旅行に行ってきました。周りの友人に聞くと、夫婦合わせて長期休暇を取得することは難しく、なかなか海外旅行へはいけないと言うので、ひだしんのありがたさをしみじみと感じています。

夫の1日

AM8:30出勤
現在ひだしんの子会社であるひだしんイノベーションパートナーズ㈱へ出向。飛騨・高山さるぼぼ結ファンドをもとに、飛騨地域の事業者様に対し、出資・社債引受等を行う業務を担当。
平成28年10月より、投資事業部にて配属。これまでの業務とは、まったく違う分野のため、上司の厳しい指導のもと、投資案件先の事業性評価や、投資先企業の成長をサポートできる人材を目指し、日々自己啓発に勤しむ。

PM5:30以降帰宅
早く帰宅できた日は、家族で食卓を囲み、子供とお風呂に入り、一日の疲れを癒す。飛騨地域外への転勤がなく、日々家族との大事な時間が過ごせるのも、ひだしんの大きな特権です。

妻の1日

AM5:30起床
早起き次男をあやしながら、夫と自分のお弁当・朝食作り。

AM8:45出勤
子供を保育園へ送迎し、出勤。現在、本店営業部で預為(預金・為替)リーダーとして、8名の女性職員を統率。女性ばかりのフロアのため、時には男性のような立場で後輩を注意することも。

PM4:45帰宅
自分の両親と同居の為、夕ご飯は母が担当。おかげで子供との十分なコミュニケーションをとる余裕があり、地元就職ならではの特権だと、日々感謝しています。

長期休暇で家族とシンガポールへ

家族と楽しい動物園

就活生へのメッセージ
Message for Students

ひだしんに就職すれば、私たちのように生涯のパートナーを見付けられるかもしれません。ひだしんは、結婚しても子供ができても当たり前のように仕事を続けられる制度が整っているのでとても働きやすい職場です。休日も基本的には一緒だし、悩みも共有できるので、きっと素敵な家族生活を送ることができると思います。また飛騨は、近所のつながりも強く、自然いっぱいなので、子供を育てるには最高の環境です。就職だけでなく、その先の生活も想像することも大切だと、実感しています。