増田 亜由美
Ayumi Masuta

平成21年入組
インストアブランチ?週休3日制?家族でHAPPYな時間を!

私が勤務している東山支店は2015年11月に移転オープンし、スーパーの中に店舗を設置する「インストアブランチ」の形態をとっています。東山ISBは地域のお客様に、ほっとくつろいでいただけるような空間でありたいと「HIDASHINリビング」をコンセプトに営業しています。店内は落ち着きを感じられるよう飛騨の木を多く使っており、大人も子供も楽しめる本を取り揃え、iPadスペースを用意、さらにはパンフレットを充実させるなど、お客様がライフ設計に関する情報を収集しやすいよう工夫しました。また、キッズスペースは、子どもを遊ばせながらゆっくり話しができると、お子様連れのローン相談のお客様に大変喜んでいただいています。
平日・土日ともに19:30まで営業しているので、仕事等でなかなか銀行に行けなかったお客様からありがたいというお声も届いており、地域のお役に立てていると実感しています。こうしてお客様の多様なニーズにも応えられるのもISBならではだと感じています。
さらに、東山支店ではひだしん初となる週休3日制を導入しています。最初週休3日制と聞いた時は、今までと生活リズムが変わるので、大変そうだなぁとあまり前向きではなかったのですが、平日休みは2人で暮らす祖父と父が心配なので、実家に帰って家族とのHAPPYな時間を、土日休みはひだしんで働く主人と一緒にHAPPYな時間を、そしてたまには趣味の料理や読書といった、自分のためのHAPPYな時間を過ごせて、意外に有効活用しています。私の原動力は家族です。大好きな家族と一緒に過ごす時間が多くとれて本当にHAPPYです。

生まれ育った町を元気にしたい!

東山支店では毎月1回以上、土日にコンサートや読み聞かせ等、子供向けのイベントを行っています。毎回店内は多くのお子様連れのお客様で大賑わいです。それをきっかけにひだしんに口座を開設してくださる方も少なくありません。一緒に歌ったり踊ったり心から楽しんでくれている子供たちを見て、私たちも毎回元気をもらいます。私の出身地飛騨市神岡町でも、少子高齢化は深刻な問題となっており、土日に子供たちが集まれるイベントも少ないように感じます。こうした子供向けのイベントを、いつか神岡支店でも開催し、自分の生まれ育った町がいつまでも明るく元気な街になるように盛り上げていけたらと思います。
実は、私は恒例の2016年ひだしん役職員新年会で、1年間ひだしんの顔として活動する『Mrs.ひだしん』に選ばれました。最初は本当に恥ずかしくて早く次の人と変われないかなぁと思っていました。ですがせっかく皆に選んでいただいたので、地域に、そして生まれ育った神岡のためにひだしんの一員として貢献していきたいです。

大好きなおじいちゃんと

就活生へのメッセージ
Message for Students

私は元々マイナス思考で、接客も不安だし、仕事もなかなか覚えられずに自分に自信が持てませんでした。でも初めて外回りをすることになった時、どのお客様も本当に温かく迎えてくださって、私も自然と笑顔が増えていきました。その時、上司に「増田さんの優しい雰囲気と、丁寧な接客がお客様に安心感を与えて、何でも相談してくれるんだろうね。」と言ってくださったことがとても嬉しく、それからは徐々に前向きに仕事に取り組めるようになりました。今ではお客様とお話しすることがとても楽しく、毎日笑顔でいられるようになりました。 だから私のように、自分に自信が持てず、接客なんて無理だと思っている方にも、お客様とつながる楽しさを知って欲しいですね。