お知らせ

NEWS

TOP > お知らせ一覧 > JCBブランド加盟店に関する業務提携について

お知らせ一覧に戻る

JCBブランド加盟店に関する業務提携について

JCBブランド加盟店に関する業務提携について

飛驒信用組合(本店:高山市、理事長:黒木正人)は、飛騨地域のキャッシュレス拡大に向けた取り組みとして、株式会社十六カード(本社:岐阜市、代表取締役社長:高橋義信、以下:十六カード)とJCBブランドの加盟店に関する業務提携をいたしました。

政府は2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万国博覧会に向け、キャッシュレス・消費者還元事業を実施するなどキャッシュレス決済の拡大に注力しており、国内のキャッシュレス決済に対するニーズが高まっています。
飛驒信用組合の営業地区である飛騨地域は、年間450万人以上(内、外国人旅行者は50万人以上)が訪れる県内屈指の観光エリアであり、国内だけでなく訪日外国人からもキャッシュレス決済へのニーズが高い地域でありながら、依然としてキャッシュレス決済が普及していないという課題を抱えています。
飛驒信用組合は、2017年12月より電子地域通貨「さるぼぼコイン」の取り扱いをはじめ、飛騨地域にてキャッシュレス決済の環境を積極的に整備して地域課題の解決に取り組んでおり、この度、飛驒信用組合は十六カードと飛騨地域のキャッシュレス決済を推進するパートナーとして協力し、更なる地域経済の発展に貢献してまいります。


【本件ご照会先】
飛驒信用組合 経営企画部    TEL:0577-32-8988
株式会社十六カード 営業企画部 TEL:058-263-1116