お知らせ

NEWS

TOP > お知らせ一覧 > 株式会社マクアケとの購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」の活用に関する提携後第一弾となるプロジェクトをリリース

お知らせ一覧に戻る

株式会社マクアケとの購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」の活用に関する提携後第一弾となるプロジェクトをリリース

株式会社マクアケとの購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」の活用に関する提携後第一弾となるプロジェクトをリリース

飛驒信用組合(理事長:黒木 正人 本社:高山市花岡町)は、株式会社マクアケ(代表取締役社長 中山 亮太郎 本社:東京都渋谷区)と購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」の活用に関する提携開始後第一弾のプロジェクトをリリースいたしましたのでお知らせいたします。

 
 

プロジェクトの概要について


・プロジェクトタイトル:「1万人に1人!飛騨の米職人が作った希少なお米『万天』を食べてもらいたい!」
・実行者名:株式会社みつわ農園(畠中 望)
・プロジェクトページURL:https://www.makuake.com/project/banq-ten/  
・公開期間:2019年8月5日(月)~2019年10月30日(水) 86日間
・目標金額:100万円
※目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日までに支払われた金額で支援が成立するAll in型です。
・リターン:1,000円から30,000円まで全8コース。(2019年8月5日現在)
株式会社みつわ農園で生産された希少なお米『万天』の新米を金額に応じたリターンをはじめ、美味しいお米の炊き方ワークショップ等を用意しています。
※詳細につきましてはプロジェクトURLよりご覧ください。
 
【Makuakeとは】
株式会社マクアケが運営する、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げる日本最大級のクラウドファンディングサービス。2013 年 8 月のサービス開始より、6,000件以上のプロジェクトを掲載し、累計調達金額はクラウドファンディングサービス最短で 100億円を突破。1,000万円を超える大型の資金調達事例は約200 件にのぼります。現在、全国90社を超える金融機関との連携や提携により、地方の事業者によるプロジェクトの実施事例も増加傾向にあるほか、製造業や飲食業との異業種提携も進め、プロジェクト実行者側や支援者側双方の利便性向上と満足度向上を目指しています。