お知らせ

NEWS

TOP > お知らせ一覧 > 株式会社マクアケとの購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」 の活用に関する提携の開始について

お知らせ一覧に戻る

株式会社マクアケとの購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」 の活用に関する提携の開始について

株式会社マクアケとの購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」 の活用に関する提携の開始について

飛驒信用組合(理事長:大原 誠 本社:高山市花岡町)は、株式会社マクアケ(代表取締役社長 中山 亮太郎 本社:東京都渋谷区)と購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」の活用に関する提携を開始いたしますのでお知らせいたします。
 
当該業務提携を通じ、地域事業者様の販路拡大の支援や、ものづくりや新規事業などのチャレンジをクラウドファンディングで支援することを狙いとしています。
 
飛驒信用組合では、今回連携を開始した「Makuake」と共に、2014年8月より運営を行っております、地域密着型クラウドファンディング「FAAVO」を活用し、地域の小さな挑戦を発掘・支援を行い、ともに伴走することで、地域経済の活性化に貢献してまいります。
なお、「FAAVO」では地域のイベントや小さなプロジェクトの支援、「Makuake」では中小事業者様の新商品や新サービスの全国へ向けた販路拡大等の支援を行い、用途に合わせて様々な資金調達メニューを用意し地域を盛り上げていきます。

■提携企業
株式会社マクアケ https://www.makuake.co.jp

【Makuakeとは】
株式会社マクアケが運営する、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げる日本最大級のクラウドファンディングサービス。2013年8月のサービス開始より、6,000件以上のプロジェクトを掲載し、累計調達金額はクラウドファンディングサービス最短で100億円を突破。1,000万円を超える大型の資金調達事例は約200件にのぼります。現在、全国90社を超える金融機関との連携や提携により、地方の事業者によるプロジェクトの実施事例も増加傾向にあるほか、製造業や飲食業との異業種提携も進め、プロジェクト実行者側や支援者側双方の利便性向上と満足度向上を目指しています。