お知らせ

NEWS

TOP > お知らせ一覧 > アリペイとの業務連携について

お知らせ一覧に戻る

アリペイとの業務連携について

アリペイとの業務連携について

このたび当組合は、世界規模のモバイルおよびオンライン決済プラットフォーム「Alipay(アリペイ)」と、当地で共通の2次元コードを利用した事業を連携して展開することで合意しました。
スマートフォンアプリ上で利用できる、高山市・飛騨市・白川村限定の電子地域通貨「さるぼぼコイン」とアリペイどちらでも利用できる2二元コードスタンドを当地の店舗や観光施設などに設置し、地元顧客だけではなく、中国からの観光客もキャッシュレス決済できる環境を整備、推進していきます。(※1)
この業務提携では、当組合はアリペイのアクワイアラーとして、加盟店の獲得と業務フォローを行い(※2)、アリペイはアリペイアプリのクーポン発券や中国観光客向けのプラットフォームでの「飛騨・高山」特集などにより、中国からの観光誘客をサポートします。

 

※1 さるぼぼコインとアリペイは、スマートフォンの専用アプリで店舗に設置されたQRコードを読み込む「静的QRコード」を利用している点が共通しています。当地では、既にさるぼぼコインの決済手順が浸透しているため、アリペイと親和性が高く、導入に向けた事業者の負荷が軽減されます。
※2 アリペイが金融機関と直接アクワイアリング契約を締結するのは、全国の信用組合で初となります。

 

さるぼぼコインについて

高山市・飛騨市・白川村限定の電子地域通貨「さるぼぼコイン」は、2017年12月に稼働して以降、おかげさまで順調に利用シーンを拡大しています。コインを利用できる加盟店は700店舗を超え、利用者5,000名、コイン流通額3億5千万円と、普段使いの新しい決済が当地に定着しつつあります。

 

アリペイについて

アリババグループの関連会社 アント フィナンシャル サービスグループが提供するアリペイは、世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォームです。アリペイ及び、戦略提携パートナーが提供するサービスのアクティブユーザー数はグローバルで8.7億人以上となっており、海外でも中国人向けのオフライン決済サービスを40の国と地域で提供しています。日本でも5万店以上がアリペイを導入しています。

 

お問合せ先

 

飛騨信用組合 経営企画部


 TEL 0577-32-8988