ひだしんが目指す姿

the ideal future of hida

TOP > ひだしんについて > ひだしんが目指す姿

中期経営計画『MORE HAPPY MORE LOVE!』について

ひだしんは、2016年3月から2019年3月までの3年間、地域のみなさまとともに『HAPPY』をつくるために、『CSV経営』をテーマに掲げて取り組んでまいりました。
2019年4月から2022年3月までの中期経営計画『MORE HAPPY MORE LOVE!』では、もっともっとたくさんの『HAPPY』をつくっていきたいと考えます。
『CSV経営』の根底にある『三方よし』の理念を組織の文化として醸成し、地域の発展に向けた取り組みも『本業』として捉え、自らプレイヤーとして地域課題の解決に積極的に関わることで、金融を通じたまちづくり会社をめざします。

中期経営計画図

■ひだしんは、営業基盤である二市一村(高山市・飛驒市・白川村)地域の、「持続可能な未来創造」に向け積極的な企画・提案を行い、さらには参加することで「地域のHAPPY」をめざします。

■ひだしんは、これまでの取り組みを経て育まれたお客さまとの『つながり』をさらに深め、お客さまのニーズにとって最適解を導き出すことで「お客さまのHAPPY」をめざします。

■ひだしんは、職員の能力を開花させ、気持ちよく伸び伸びと働ける環境づくりに取り組みます。
そして、地域の一員である職員自らが地域価値の創造に参画し、地域から期待され喜ばれることを実感する取り組みにつなげることで、「職員のHAPPY」をめざします。

ひだしんの中期経営計画の取り組み

1. まちづくり、ひとづくり、しごとづくりに取り組みます

わたしたちの暮らすこの地域には人口減少、少子・高齢化などさまざまな課題があります。ひだしんは政府、自治体が総力を挙げて取り組むこれらの課題に、持続的な地域社会の創生をめざし、地域の金融機関として積極的に関わってまいります。

  1. まちづくり:自治体施策との連携、自治体・各種団体への事業提案、NPO法人・市民団体と連携したソーシャルビジネスへの取り組み
  2. ひとづくり:インターンシップを活用した人的側面での企業支援、各種セミナー・ワークショップの開催
  3. しごとづくり:企業・創業、新規事業の支援、円滑な資金提供、地元産品の販路拡大(ビジネスマッチング)

2. さらに進化する『伴奏型金融(価値協奏型金融)』へ

ひだしんは『育てる金融』から『伴奏型金融』へと進化させてまいります。これはただ寄り添う「伴走型の金融サービス」だけでなく、お客さまと共に考え、共に価値を生み出せる積極的な取り組みを意味します。事業者さまのためのよろず相談窓口であるBizCon.HIDA(ビズコンヒダ)やクラウドファンディング、地域活性化ファンドなど、これまでの取り組みを経て育まれたお客さまとの『つながり』をさらに深め、事業のステージに合わせた適切な金融サービスの提供を追求いたします。またコンサルタント業務において、事業継承や相続対策の相談にも力を入れてまいります。

3. ひだしんサービスの品質向上宣言

皆さまに喜んでいただき、幸せを感じていただくためにはどうあればよいか、この3年間を通して真摯に取り組んでまいります。
「あたりまえのことをあたりまえに」できることはもちろん、そのうえで、皆さまのご期待を超えるサプライズサービスをご提供することが、ひだしんのめざす品質です。
『地域のNo.1』をめざして圧倒的なホスピタリティを追求いたします。

4. お金の地産地消に取り組みます

多くの観光客が訪れるこの地域で、キャッシュレスによる消費拡大は長年の課題です。
また、地域のお金が域外に流出することで多くの価値が損なわれています。
ひだしんは、さるぼぼコイン、マルチ決済端末、Alipayなど最新の決済環境をいち早く地域に導入することで、決済情報や決済手数料などの、大切な地域の資源を地元循環につなげる取り組みを加速いたします。

5. シビックプライド『だいすき、ひだ』の溢れる街づくりに『本気=本業』で取り組みます

ひだしんは地域のコミュニティを構成する一員として、皆さまのHAPPYに繋がるイベントの開催、文化・スポーツ振興、観光振興、教育振興に積極的に取り組みます。また、次世代を担う若者世代や女性の就労、子育て環境の支援など人材を育む地域就労支援にも取り組み、街を愛する心=シビックプライドの溢れる地域にしたいと思います。

6. 働きやすさ日本一の組織を目指します

職員が組合の理念と目的を共有し、自己実現のために活き活きと働くことができるような職場づくりに取り組みます。
当組合の職員はその一人一人が地域社会の一員でもあります。
職員のHAPPYは家庭のHAPPYに、家庭のHAPPYは地域のHAPPYに繋がるはずです。
働きやすさ日本一の組織を目指して、下記の課題の実現を目指します。

  1. 多様な人財が集まるふくよかな組織の実現
  2. 健康経営への取り組み
      (メンタルヘルスケア、フィジカルケア、心地よい職場環境の整備)
  3. 多様な働き方の実現(在宅勤務、育児・介護休暇制度の充実など)
名称 『MORE HAPPY MORE LOVE!』
計画期間 3年間(2019年4月~2022年3月)