ダイバーシティ

TOP > ひだしんについて > ダイバーシティ

ひだしん流ダイバーシティ

ひだしんは、職員ひとりひとりの個性を活かし、個々がやりがいを持って仕事に取組み、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方をすることで、長く働き続けられるよう、様々な制度作りを行っています。近年は、育児休暇の取得を推奨し、女性が育児をしながらでも働くことのできる環境整備に努め、女性による事務改善ワーキングチームの組成をはじめ、女性による女性のための改革を進めてきました。さらには、今後多くの職員が直面するであろう、介護の問題にも真摯に取り組み、仕事との両立を図るための制度作りに前向きに挑戦しています。また多様な人材が活躍できるよう、専門的知識を必要とする部署に、若い職員を積極的に配属し、職員の可能性を伸ばせるような人事戦略をとっています。

事務改善で女性が表舞台へ

diversity_01_header

嘱託から正職員への階段(向平 知子)

diversity_02_header

いちからでも専門的な仕事ができるひだしん(下出 達也)

diversity_03_header

ひだしんの新卒・中途採用

banner_recruit