お知らせ

NEWS

TOP > 高齢者に対するATMの振込制限について

お知らせ一覧に戻る

高齢者に対するATMの振込制限について


高齢者に対するATMの振込制限について


現在の「還付金詐欺」や「おれおれ詐欺」等の詐欺事件は70歳以上の方が多く被害に遭われ、全国的にもその被害が後をたたないのが現状です。
当飛騨地域においても、高齢者が特殊詐欺によって尊い財産を犯罪者へだまし取られる詐欺が相次いでいます。

その為、当組合も高齢者の預金を詐欺から保護するため、70歳以上のお客さまを対象としATMの振込制限を設ける運びとなりました。
お客さまには不便をかけることと存じますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

対象となる方

過去1年間にATMでの口座振替による10万円以上の振込実績の無い70歳(平成28年12月31日現在)以上の個人のお客さま。

内容

普通預金口座、貯蓄預金口座からATMで振込みをする場合の上限金額を10万円までとさせていただきます。

開始日

平成29年2月1日(水)より

その他

お客さまのお申し出により、上限金額を変更する事も可能です。
変更をご希望されますお客さまは、最寄りの当組合窓口までお申し出ください。